熊野磨崖仏

インフォメーション

名称 熊野磨崖仏
営業時間 08:00~17:00
08:00~16:30
所在地 〒879-0853
大分県豊後高田市田染平野
定休日 なし
電話 0978-26-2070
駐車場 10台
ホームページURL
熊野磨崖仏
平安時代末期の作と言われている「大日如来(約6.7m)」と「不動明王(約8m)」の磨崖仏があり、国指定の重要文化財となっております。国内最古にして最大級の磨崖仏です。また、鳥居から熊野磨崖仏まで続く100段もの石段は、昔、鬼が築いたと伝えられています。
また、約10年に一度行われる六郷満山の伝統行事である峰入りの荒行は、この不動明王の前を出発点とし、護摩をたいて行程150km、約10日間の行に入ります。
拝観料200円。昭和ロマン蔵から車で約35分程度。

●営業時間●
夏季(4月~10月)…8:00~17:00
冬季(11月~3月)…8:00~16:30
杖のレンタルもありますので、足腰に自信のない方はお借りする事をオススメします!!
自然石で出来た石段が続いていますので、足下に注意しながら登ってくださいね☆

熊野磨崖仏
心臓破りの石段!!なめてかかればたちまちくたびれる(笑)歩きやすい靴で登ってください。パンプスやヒールのある靴で登ろうとするととんでもない目に遭います。。。
熊野磨崖仏
鳥居近くに立てられた石碑。自然と一体となって佇む磨崖仏同様、そこにあるもの全てに魂が宿っているかのようにさえ感じます。
熊野磨崖仏
穏やかな表情の「阿弥陀如来」様。頭部上方には三面の種子曼荼羅が刻まれています。
伝説では、磨崖仏は養老2年(718年)仁聞菩薩が造立したと伝えられ、近くの山中には「御所帯場」と呼ばれる作業時の宿泊所跡があります。